リアルなランナーには追いつけない遅延問題

放送ではないライブ配信の仕組み上、遅延をなくす事は不可能。。
ポイントはいかに遅延を縮めるか。

トレードオフ


一秒間に30もの720p HD画像を送る、そのサイズ圧縮のための最適化処理がなされ、配信サービスに合わせたエンコード、デコードのための変換がなされ、高い人工密度となる駅伝イベントギャラリーにインターネットと言う公道を通り、実況、解説音声をミックスして、描画能力、通信速度が様々なスマホへスポーツ中継を届ける。
それもタイムリーに。。

これは今後何年も試行錯誤されるストリーミング技術分野だと思われる。
通信インフラが高速かつ安定化しても、それに向けたコンテンツは大容量化される。
高速化と平行してそれを不要とする低コストサービスも普及する。
解像度を上げれば駒落ちし、滑らかさを求めるとぼやける。
解像度とフレーム数をどちらも求めるとさらに遅れる。
これら全ての要素がある中で適度なバランス状態を四時間保つのは奇跡ではないかと思ってしまう。

低遅延にフォーカスすれば、今の配信サービスでも速いモノがある。
Mixer(旧Beam)やニコ生など。
しかし視聴者の端末にはユーチューブはあれどこれらのアプリは入っていない。
どの端末にもあるブラウザだけで視聴するにはまだ最適化はなされていない。

進む技術革新


ただここへきて各社から動きがあった。
昨日9月5日の記事ではFresh!でも低遅延を謳い始めた。

映像配信プラットフォーム「FRESH!」が映像配信のタイムラグを大幅に短縮 業界最速水準で高画質映像の配信が可能に
https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=14062

それにトレードオフ関係となるコンテンツキャッシュと遅延についても、アカマイ・テクノロジーズ社が低遅延の新技術を発表している。

ライブストリーミングの遅延を放送並みに抑える。アカマイの低遅延配信技術
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1077555.html

2015年ユーストリーム配信では30秒遅延、2016年YouTubeライブ配信では40秒遅延。
これは駅伝一区間5分だと、既にゴールしたのに、配信映像では100mも前で「トップ狙いデッドヒート!」と実況放送してる事になる。
先の新サービス、新技術が普及してくれば、
この100mの差が10m、1mと縮められるので、
今後の展開を期待したい。

カテゴリーtech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です