緊張感溢れる東海道駅伝第一回全体説明会

またまたやってきました品川学園ランチルーム。
公立小学校とは思えない広過ぎる空間を埋めるのに、なんなら側にあるグランドピアノでウィルカム演奏でもしましょうかw

いやいや、今夜は真面目な2017年第一回全体説明会。

学校・町会・地域それと官公庁(警察・消防)のみなさんに呼び掛け、イベントの概要を真面目に説明するのがミッション。

使うアイテムは「駅伝実施計画書」
大会開催九回目ともなるとモレダブリがなく洗練されてるなあ、と自負w

ここ品川宿界隈では毎週の様にマツリゴトが開催される。
説明会当日も各地域でイベント真っ最中な中でも集まって頂いた、
各町会役員と校長先生・副校長先生とPTA、それと品川消防署などなど。
そうそうたる顔ぶれに緊張感マックス、、

しかしこれだけは伝えねば。
「子どもたちに安全で事故の無い大会を提供したい」
この理念のもとにスタッフ一同誠心誠意頑張ってます。

「子どもたちのために」が一番、
子どもたちがレースだけに集中できるように
皆さんの協力が不可欠なのです。
それを全力で推進するのが我々の責務だと思ってます。

最大勾配2メートルはあるコースを時速15km以上で走り抜ける選手達を守るため、
旧東海道には一切の車両を入れない完全封鎖をし、
山手通りも止め、
選手、観客で溢れかえる狭い街道コース内に人、自転車、ベビーカーを通さない。
これは大変な事。

今回の説明会では参加者から積極的なご質問も頂き、実行委員会と双方で認識が合い、消防の方とは緊急時の対応や緊急車両が通る際の対応の確認が出来ました。

地域の皆様のご協力とご理解のもと、このイベントは成り立っています。
自分たちの子どもが親の世代になっても続いていってくれるようなイベントになって欲しいと思っています。
次の全体イベントは本番二週間前に行う第二回全体説明会。
当日運営のお手伝いをしてくださる方を全員集めて、自分が行うべき役割のご説明を行います。
出場選手も絶賛募集中。選手達も練習開始。大会は間近!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です